LIVA に Windows 10 Fall Creators Update をインストール


LIVA の Windows 10 を Fall Creators Update(1709) にアップデートしようとしたところ、C ドライブの空き容量が足らなくてアップデートできませんでした。

Creators Update にアップデートした時のように、Windows Update ではなく、USB フラッシュメモリを用いた手動アップデートを試みましたが、C ドライブの空き容量が足らずにこちらでも失敗しました。

この LIVA は 32GB モデルで、アプリケーションも少しインストールしているので仕方がないですね。諦めてクリンインストールすることにしました。

ISO ファイル:

USB フラッシュメモリにダウンロードした Windows 10 Fall Creators Update(1709) の ISO ファイルを解凍します。

Windows 10 Fall Creators Update(1709) の ISO ファイルは、以下からダウンロードすることが可能です。

https://www.microsoft.com/ja-jp/software-download/windows10ISO

Screenshot of www.microsoft.com

ISO ファイルのダウンロードは無償ですが、当然ながらインストールする際にプロダクトキーが必要になります。

 

USB フラッシュメモリ:

今回は安い 32GB の USB フラッシュメモリを使用しましたが、16GB のものでも十分入るはずです。また、USB 2.0 のものでも使用できますが、高速な USB 3.0 のものを使った方がストレスが少なくて済みます。(USB 3.1 である必要はありません。LIVA は USB 3.1 に未対応なので)

USB フラッシュメモリは、NTFS でフォーマットします。Windows 10 Fall Creators Update(1709) の中には FAT32 のファイル最大サイズ4GBを超えるサイズのファイルがあるため、FAT32 は使用できません。

なお、NTFS フォーマットした USB フラッシュメモリでも、UEFIブートは可能です。(FAT32 しかブート出来ないというのは誤りでした。)

先ほどダウンロードした Windows 10 Fall Creators Update(1709) の ISO ファイルをマウントして、ISO ファイルの中身を NTFS フォーマットした USB フラッシュメモリに丸ごとコピーします。

ISO ファイルの中身

次に LIVA 用の Windows 10 ドライバをダウンロードして、USB フラッシュメモリにコピーしておきます。

http://www.ecs.com.tw/ECSWebSite/Product/Product_LIVA_DOWNLOAD.aspx?DetailID=1560&LanID=5

 

インストール:

USB フラッシュメモリを LIVA の USB3.0 ポートに挿して、LIVA の電源を入れます。

BIOS 画面でF7 キーを押して、ブートデバイス選択画面を表示します。ブートデバイス選択画面に表示されている UEFI: の USB フラッシュメモリを選択して、USB フラッシュメモリから UEFIブートします。(下の画像には UEFI: の項目は表示されていませんが、UEFI ブート可能な USB フラッシュメモリを挿した場合には、表示されます。)

ブートデバイスの選択

Windows 10 のインストーラが起動したら、画面の指示に従ってインストールを行います。

OS インストール後、プロダクトキーの入力を行います。Windows 10 Home, Windows 10 Pro は、入力するプロダクトキーで選択されます。

次に USB フラッシュメモリにコピーしておいた LIVA 用の Windows 10 ドライバをインストールします。一部のドライバは古いので、インストール時にバージョンが古いと警告されたものはインストールしなくて良いでしょう。ドライバは、インストール後に再起動を要求されるものがたくさんあります。面倒ですが、指示に従って都度再起動しておきましょう。

最後に Windows Update を実行して、最新の状態にします。

 

備考:

Hyper-V:

Windows の機能の追加で、Hyper-V をインストールすると、再起動時に自動修復が行われて起動できません。しかも、自動修復では修復できないため、OS を再インストールする羽目になります。ご注意ください。

Windows の機能 – Hyper-V –

LIVA では、Windows 10 Fall Creators Update(1709) で Hyper-V は使用できないようです。Windows 10 Fall Creators Update(1709) より前のものは、LIVA でも Hyper-V のインストールは可能でした。今後のアップデートで再び使用できるようになるかもしれないですが、残念です。

 

Windows Subsystem for Linux:

Windows Subsystem for Linux はインストール可能です。

Windows の機能 – Windows Subsystem for Linux –

Windows ストアから Linux ディストリビューションをインストールします。Linux ディストリビューションには、「Ubuntu」「OpenSUSE」「SUSE Linux Enterprise Server」があります。

Windows ストアからダウンロード

 

関連記事: