LIVA に外付け SSD


FullSizeRender FullSizeRender(1)

LIVA には eMMC が 32GB のものと 64GB のものがあります。容量としては十分なサイズとは言い難いのですが、LIVA X や X2, Core のように SSD を内蔵することはできません。

容量アップのためしかたなく、外付けで SSD を付けてみました。外付けすることにより、LIVA のコンパクトという利点は消えてしまいますが、そこは割り切るしかありません。

SSD:

今回は、SanDisk SSD PLUS 120GB (SATA) を USB 3.0 HDD/SSD ケースに入れたものにしました。もちろん HDD でも構わないのですが、速度、音や消費電力、発熱等の点で SSD にしました。

  • 信頼の SanDisk 製
  • シーケンシャル読出し速度 : 最大520MB/秒、シーケンシャル書込み速度 : 最大180MB/秒
  • SATAリビジョン3.0(6 Gbit/秒)

 

PLEXTOR や Intel の SSD にしようかと悩みましたが、SanDisk の SSD が手頃だったので、これにしました。容量はとりあえず 120GB にしました。

 

 

HDD/SSD ケース:

  • USB 3.0 接続
  • SATA 6Gbps 対応
  • 2.5 インチ HDD/SSD ケース
  • 工具いらずの簡単組み込み設計
  • USB 3.0 ケーブル付き

 

HDD/SSD ケースは以前にこのシリーズのものを何度か使ったことがあるので、今回は赤色のこれにしてみました。

 

性能比較:

内蔵のeMMCとUSB3.0で接続されたSSDの性能を比較してみました。

測定環境は以下の通りです。

内蔵eMMCの性能:

WS000000

外付けSSDの性能:

WS000001

 

まとめ:

外付け SSD では USB 3.0 接続なので、本来の性能は出ていないかもしれませんが、内蔵 eMMC と比べると十分な性能が出ているのではないでしょうか。

ちょっとしたファイルサーバとして使うこともできそうですね。