LIVA に USB フラッシュメモリ


SDCZ88-128G Extreme Pro

LIVA に高速な USB フラッシュメモリ(USB ストレージ)を付けてストレージの増設を試してみました。

前回「LIVA に外付け SSD」では SSD を外付けしてみましたが、今回は USB フラッシュメモリです。

USB ストレージ:

 

  • 安心の SanDisk 製
  • USB 3.0
  • 転送速度 : 読取り最大260MB/秒、書込み最大240MB/秒

 

USB ストレージとしてはかなり高速なものですので、お値段も凄いです。外付け SSD の方が随分と安いです。

 

性能比較:

内蔵のeMMCとUSB3.0で接続された USB ストレージの性能を比較してみました。(外付け SSD も参考データとして付けました。)

計測環境は以下の通りです。

eMMC:

WS000000

USB ストレージ:

SDCZ88-128G-J57 性能

外付けSSD(参考):

参考までにUSB3.0外付けSSDの性能も載せておきます。

WS000001

まとめ:

シーケンシャルなアクセスでは eMMC より高速なようですが、ランダムアクセスだと読み込みが遅いようです。書き込み用途(カメラのキャプチャ等)には使えるかもしれませんが…。うーむ。難しい。

当然というべきか、いくら高速な USB ストレージといっても SSD にはかないません。書き込み速度に関しては SSD より速いことを期待しましたが、そうでもないようでがっかりです。価格も高いので外付け SSD の方が何かとお得です。

USB ストレージとしてはこの製品は決して小さくはありませんが、外付け SSD に比べれば小さいので、そのことはメリットになるかもしれません。