LIVA X に Windows Server 2012 R2 をインストール


はじめに:

以前、LIVA に Windows Server 2012 R2 をインストールしましたが、LIVA X に Windows Server 2012 R2 をインストールするのはLIVA より簡単です。

 

LIVA_X_2012R2

mSATA SSD を追加すれば良いだけで、後はそこに Windows Server 2012 R2 を普通にUSBメモリからインストールできます。当たり前ですが HDD/SSD にインストールするのと変わりません。Windows7 インストールするのと同じです。

もちろん、LIVA X の Windows 8.1 ドライバ(Windows Server 2012 R2 用のドライバがないので代用)のインストールは必要です。

なお、Wi-FiとBluetoothはWindows 8.1ドライバでは代用できないのでダメなのは LIVA と変わりません。

なお、LIVA X には LIVA と異なり 4GB モデルがあります。Windows Server 2012 R2 を動かすなら 4GB モデルの LIVA X を使いたいですね。

 

AD DS のインストール:

LIVA の時と違って eMMC へのインストールではないので、Active Directory ドメイン サービス (AD DS) も問題なくインストールできます。(LIVA X では eMMC にはインストールしたことはありませんが、eMMC にインストールする場合にはおそらく LIVA に Windows Server 2012 R2 をインストールした時と同じで、AD DS のインストールにはひと工夫必要になるでしょう。)

 

その他の機能:

DNS, DHCP, WINS 等、特に問題なく使えています。

Hyper-V は試していません。もしかすると使えるのかもしれませんが、マシン性能の低い LIVA X で Hyper-V が実用に耐えうる性能が出せるとは考え難いためです。 LIVA X ではありませんが、LIVA に Windows 7 をインストールで Hyper-V を試してみました。Hyper-V についてはそちらをご覧ください。

無線LAN:

前述のように LIVA X 内蔵 WiFi はドライバが対応していないので使えません。サーバなので有線LAN を使うことになるかと思うので、 Wi-Fi が使えなくてもあまり問題ないでしょう。どうしても無線LAN に繋ぎたいということなら、LAN ポートに接続した無線LANルーターを子機にして使うという方法もあります。

Raspberry Pi 向けに書いた記事ですが、無線LANルーターを子機にして使う方法はこちらにまとめています。

 

Bluetooth:

Bluetooth の方はサーバでもキーボードやマウス等を繋ぎたいことはあるかもしれないですが、その場合は Windows Server 2012 R2 に対応した USB ドングルを別途追加することもできるかと思います。(Windows Server 2012 R2 に対応した Bluetooth USB ドングルってちょっと見つかりませんでしたが)

もっともキーボードやマウスを繋ぐだけなら Bluetooth にこだわる必要はないでしょうし、追加費用が発生するくらいなら、有線 で繋ぐか、リモートデスクトップで使うでしょうけれども。

 

Windows Server 2012 R2 評価版:

Screenshot of www.microsoft.com

Windows Server 2012 評価のためのリソース

Windows Server 2012 R2 の評価版をダウンロードすることができます。

 

注意:

  • LIVA X の対応 OS に Windows Server 2012 R2 は含まれていませんので、使用する場合はあくまでも自己責任でお願いします。
  • LIVA X の 4GB モデルであっても十分なサイズとは言えないので、メモリを大量に必要とする用途には向きません。

 

関連記事: